えほんの部屋
top
ご案内
保育園紹介
保育園の一日・年間行事
アルバム
リンク
お問合せ
 
絵本の日

第2、4金曜日は絵本の日です。
,,2歳児、3,,5歳児に分かれて絵本を楽しみます。


   

各クラスの子どもたちの好きな絵本の紹介です。

いちごぐみ

『だるまさんの』 かがくいひろし作

たくさんのだるまさんが登場してきます。次のページの「め」でだるまさんの「め」がとても大きくなります。その時、みんなが絵本に吸い込まれるようにじっと見て、それから声をあげて笑います。その笑い方がとても可愛く、読んでいて楽しくなりますよ。
この繰り返しで「て」「は」「け」「お」が出てきますが、同じところで同じように笑いますよ。お家の方と一緒に楽しんで下さい。

他にもだるまさんシリーズ『だるまさんが』『だるまさんと』があります。

   

ももぐみ
れもんぐみ

おおきなかぶ』A・トルストイ作

おじいさんが植えたかぶの種から、甘い元気のよいとてつもなく大きいかぶになるお話です。おばあさんやまごやいぬなどが出てきて、「うんとこしょ、どっこいしょ」とかけ声をかけて力を合わせてかぶを引っ張ります。子どもたちはお話に引き込まれながら、大きな声でかけ声を言っていますよ。なかなか抜けないかぶを見て、かけ声もどんどん大きくなっていきます。やっとかぶが抜けると子どもたちは「やったー」と嬉しそうにしていますよ。
何度読んでも楽しくて、一緒に声を出したくなる絵本ですよ。

   

みかんぐみ

三びきのやぎのがらがらどん』 ノルウェーの昔話

三びきのやぎとトロルというばけものが出てくるお話です。
最後大きいやぎがトロルと勇敢に戦うシーンでは、話の中に吸い込まれ戦う様子を息をのんで見ていますよ。みかん組の子どもたちも大きいやぎのように、優しくてかっこいい人に
なりたいなと憧れている絵本です。ぜひ読んでみてください。


めろんぐみ

こぶたのブルトン なつはプール』 中川ひろたか作

こぶたのブルトン、いたちのアントレ、だるまのタカサキさんなど個性豊かな登場人物たちが子どもたちは大好きです。セリフのかけ合いも思わずクスッと笑いながら読んでいますよ。このお話では、色々なプールが出てきます。ソーダのプール、仮装して入れる流れるプールなど「入りたいなあ」「いいなー」とうらやましそうです。他にもはる、あき、ふゆとシリーズのある楽しい絵本ですよ。


ぶどうぐみ

オズのまほうつかい』 ロバート・サブダ作

「オズのまほうつかい」は、たつまきでオズの国にとばされたドロシーがかかし、ブリキの木こり、ライオンと一緒に願いをかなえてもらうためにエメラルドの都までオズ大王に会いに行くお話です。
オズのまほうつかいには、ゆかいな登場人物がたくさん出てきます。長いお話ですが、何日もかけてオズの国の世界を想像しながら楽しんでいます。読んでいくうちに登場人物がとても身近に感じられてきてつい、「がんばって」と声をかけたくなってしまう、そんなところも大きな魅力の一つです。みんなそれぞれよいところをもっているのにそれに気がつかないだけなのだとこの物語は教えてくれています。

Copyright © 2008 hiratanishi nursery school All Rights Reserved